薬の購入をしておく

the pink tablets

クラミジアを治すためにも、薬はしっかり使っていかなければいけません。下手に放置しすぎてしまうとあとで取り返しのつかないようなことになってしまう恐れも十分にあります。

Read more

medicine bottles

特に注意すべき人

the capsules and pills

実はクラミジアの場合は若い人が中心に発症率も高くなっております。そのため多くの若者と言える人たちがクラミジアになりやすいと思っておいてください。普段はない違和感を覚えたときは要注意です。

Read more

あなたもなるかも?

the blister packs

ほとんど誰でもクラミジアになってしまう可能性があるので、まだ一度もなったことがない人もけしてひとごとではありません。しっかり対策するようにしてほしいと思います。

Read more

誰もが発症する

the drugs

のどや性器、さらには直腸を主な感染源として性的接触により感染するクラミジアの潜伏期間の多くは1、2週間程度です。心当たりのある方は検査をお勧めします。

クラミジアとは感染症の一種で、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染する事で発症します。性感染症の中でもよく知られているもので、近年では性行為の若年化等で若い女性が発症する事も少なくないです。少しでも感染に心当たりがあり発症している疑いがある場合には、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいとされています。クラミジアは抗菌薬を投与する事で完治させる事が可能で、早く治療を開始すれば悪化前に治す事が可能です。出来れば潜伏期間内の治療開始が理想的なので、性行為の相手が感染者だった等の場合には念のため検査を受けるのが有効と言えます。クラミジアは簡単な検査だけで診断する事が出来るので、疑いがある場合には婦人科や泌尿器科の受診して検査を受けるのが良いです。

クラミジアを発症した場合に現れる症状としては潜伏期間の後に、排尿痛や下腹部痛、膀胱炎の様な症状等が現れます。ちなみに潜伏期間とは細菌に感染してから発症するまでの期間の事で、クラミジアの場合には1〜2週間程度の潜伏期間があります。クラミジアの治療方法については前述したように抗菌薬の服用が基本で、服用は一週間程度続けるのが一般的です。症状が軽くなったからと勝手に薬の服用を中止すると完治出来ない場合もあるので、必ず服用期間は守る事が大切だと言えます。ちなみにクラミジアの治療でかかる費用については多少個人差があるものの、一般的には数万円程度かかる事が多いとされています。ただしクラミジアは健康保険の適用内なので、数万円の一部を負担するだけで済ます事が出来ます。